FC2ブログ


車椅子にひかれる May 10 Wed, 2000

2009.02.19(23:56)
今日は電動車椅子に足をひかれてしまった。
せまーい通路にたくさんの人がいるところを、
車椅子の人が通ろうとしたので、私は道をあけた。
ところが、彼は私が立っている前の部屋に入りたかったらしく、
私の前で方向転換すると、いきなりバックしてきたのだ。

電動車椅子というのは、むっちゃ重い!
しかもタイヤは頑丈!
とどめに結構スピードが速い。

こんなものに足を踏まれた日にゃ~
,b>ぎゃあ~~!!!
むちゃむちゃ痛かった!

まあ、彼はわざとやったわけではなし、そのこと事態はいいのだ
(でも痛い)。しかしその後が不愉快であった。

私はしばらく考えた。
「文句を言うべきだろうか?」

彼は重度の身体障害者で後ろを見ることはできない。
だから後ろにいた私の方が注意すべきだったのか?
しかたの無い事だから私ががまんすべきなのか?

いや、違う!

これがもし小さな子供だったら?
この電動車椅子は凶器になりうる!
彼はこの車椅子によって人に痛い思いをさせたことを
知るべきだし、人がたくさんいる狭い所では
何も考えずにバックすべきではない!
彼が歩けないのは残念なことかもしれないが、
それが人に痛い思いをさせて良いという免罪符にはなるまい?

そう思ってつかつかと彼に歩み寄り、彼が私の足を轢いた事を伝えた。
ところが、である。

彼の周りにいたドイツ人二人が、
「だからどうだっていうんだよ、彼は後ろが見られないんだから、
しょうがないだろう?」
「おまえは足を轢かれて痛い思いをしただけで済んでいいじゃないか、
彼は生まれた時から歩けないんだぜ?」
と私に抗議してきたのだ。

その場の雰囲気では完全に私は悪者
うそ~?私は被害者でしょう!?
これで足の骨でもおれてたら、彼にも責任があるんじゃないの?
だから私はそのことも考慮に入れて彼に事実を伝えたのに!

この二人のドイツ人こそ車椅子の彼を逆差別しているのではない???
スポンサーサイト



<<自分の値段 May 12 Fri, 2000 | リアルタイム生活日記トップへ | ついにドイツもん購入! Apr 30 Sun, 2000>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ryugakutengoku.blog26.fc2.com/tb.php/56-697002b4
| 留学天国ホームへ | | ブログホームへ |